忍者ブログ
選択したカテゴリの記事一覧

[PR]

2017.05.23 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヘッドバットとステータスの関係2

そういえばボナンザの発表がありましたが皆様いかがでしたでしょうか lol
私のまわりなんかでは1キャラでミラテテ10個当たったって話が意外に多くてびっくりしました。
ミラテテ10個そのものよりも、本気で1等10個当てるつもりだったのかよ!ってところで、ですが lol

そういう私はと言えば辛うじて3等が当選してました。
メインキャラで当たっていたならナシラ脚か、はたまた装備できもしないのにレアリティだけでオートクレールあたりを交換したんでしょうが
残念ながら倉庫での当選でしたので問答無用でギルに交換しました(・ω・)
ま、当たっただけでもありがたやー。

さて、それはさておき。
えー、長らくお待たせいたしました。
ようやくヘッドバットのデータの収集が終わったので結論編、行ってみたいとオモイマス。
PR

都市伝説

どこにでも都市伝説というのものがひとつやふたつはあるもので、ヴァナディールにもそういった都市伝説がいくつもあり、そのなかのひとつに「裏パッチ」と呼ばれるものがあります。

「スリプルのレジ率があがった!」「ヘッドバットの追加にレジが増えた!」等々
裏パッチについてのこんな話題がバージョンアップがあると必ずと言っていい程どこかで囁かれているわけです。

だけど、これらは必ず囁かれているにも関わらず証拠がどこからもあがってこないんですよね。
ま、だからこそ都市伝説なわけですが lol

今までは私もよくある話だ、程度で否定するわけではないけどあまり深くは考えないようにしてきました。
だけど、今回ちょっと疑問に感じることが多くって、
「ヘッドバットの追加スタンはレジ率があがった?」なんて思ってしまったんですよ。

ここ暫くの記事を見ても分かる通り追加スタンの発動に関して検証を進めていた私としては
本当にそんなことがあったとすればデータをいちから取り直す必要があるわけで、
ふーん、で済ますわけにもいかないんですよね。

てことで実際どうなのさ、と真偽の程を調べてきました。

ヘッドバットとステータスの関係

前回の検証でヘッドバットの追加スタンは魔法命中によって発動率が上昇することが証明できたと思います。

だけど魔法命中が効くのならステータスブーストを行う事でも発動率を上げることが出来るのではないだろうか?
魔法命中装備は現在敷居が高めだし、ステータスで同様の効果が得られるのならエラント系等が装備できる青魔道士としてはその敷居がグッと下がることになります。

赤魔道士関連の検証ではしばしば魔法命中とステータスの関係が取り上げられるし、魔法命中が物理命中や遠隔命中と並ぶものであるならばステータスが関係していてもなんら不思議はないですよね。

てことで今回はステータスの影響の有無についての検証をしてきました。

ヘッドバットと魔法命中の関係

ヘッドバットの追加スタンは魔法命中アップ装備を着ることで発動率が上昇するのか。
最近某所では「ヘッドバットの追加効果は魔法命中で発動率が上がる」と確定したかのような状況になっているように感じます。

でも噂の出所を見るに「発動率が上がっている可能性は高い」とは思えるけども、間違いないと言えるほどではないというのが正直な感想。
勿論、可能性があることを示しただけでも十分素晴らしいと私は思います。
ただ、そんな話が一人歩きをはじめてしまって発動率が上がるのは常識ってことになりかけている現状はどうなんだろうと感じるのも事実。

確かに魔法命中が追加効果の発動率に影響しているんじゃないかなとは私も感じてはいるんで、それ自体に否定的ではないのですがね。

そんなモヤモヤが貯まってきたので久々にやってきました検証ネタ。

ペルデュハンガー検証

ガッカリパッチかと思いきや妙に強力そうな片手剣が追加されてマシタ。
ってちょっとわざとらしく言ってみます lol

まぁすでにいろんなところで話題にのぼってたりするのでご存知の方も多いかと思いますが、傭兵階級が特務曹長になると交換できる戦績品に
ペルデュハンガー_icon
ってモノが追加されています。

で、まだ情報が交錯してるような感じもあったし興味もあったので調べてきました。
以下ちょっと殴り書き風味ですが要点だけ纏めてみます lol

デモスレのキラー効果検証

今回の検証の第一目的はデモスレを2本装備するとキラー効果は倍増するのかどうか。

普段なら結構苦痛になるような大量検証が必要なんですけども、ソロメリポをする中で副産物のように得られたデータという事で今回は全くもって気軽にデータを収集することが出来ました。

ということで結果、
デモスレ1本:敵122匹中63回(0.52回/匹)
デモスレ2本:敵98匹中100回(1.02回/匹)、となり

デモスレの効果は重複すると結論が出ました。

---------- 完 ----------

てな具合で終わっても良かったのですが
折角大量のデータが取れたわけなので、そのデータをもう少し細かく分類整理して怯みそのものについて考察を重ねてみます。

まつぼっくり爆弾と投てき

まつぼっくり爆弾に限った話ではないんですが
遠隔物理系の青魔法って何かオカシイ、そんな感じがありますよね。

物理系なのに不意は乗らないし射程も長いから明らかに「遠隔」だとは思うけど
なんか微妙に理屈に合わないようなことがチラホラと。

ちょっと検証する機会があったのでそのあたりの結果報告と考察。

ワイルドカロット計算式に迫る

あくまで迫っただけ、と最初にオチを言っておきます lol

というのも回復魔法スキル依存なのが罠でして、数値を1づつ弄れるステータスと違って
ある間隔毎でしか弄れ無いのでイマイチはっきりしないんですよね。
加えて回復量のキャップがどこにあるのか不明というのもネック。
もしかしたら絶対的なキャップ自体はないのかもしれないです。

大体の仕様みたいなものはわかったんですけど
それ以上の事となると今後どれだけ時間がかかるかもわかんないので
ここいらで現状の纏めをして一旦区切りを入れようと思った次第です。

HP回復系青魔法調査

手広くやっていきます。当面は広く浅く。
全体をおぼろげながらにでも把握できれば
気付かない何かにもいずれ気付くこともあるだろうと信じて lol

てことで今回は回復系青魔法についての調査。

最終的には回復量の計算式を探っていきたいところですが
それを探す為にもまずは回復量が何に依存しているかを調べる必要があるので
今回はそれを調査・検証してきました。

以下折込ですが、今回はチョー長いデス。
結果だけ見るなら最後の総括だけ見るといいのかもしれない lol

青魔法検証のカケラ

なんとなくサンドスプレーの効果時間について検証をはじめてみたものの
あっさりと挫折。

なにがひどいって効果時間のバラツキ具合。
軽い前調査のつもりだったので割とラフな検証だったんですが
それでも効果時間分布が1秒ごとってのはひどすぎ。

きっと計測誤差があるのでほんとは1秒毎じゃないかもしれないんですけど、もし1秒毎だったら正確な分布やら平均やら出そうとすると推定で5000回くらいは試行が必要になってくるかな・・・。

てことで継続調査は一旦中断。
でも得たものが何も無い訳じゃないし、今後調査するときの礎になりそうな部分もあるので
以下ちらしの裏でメモ lol
▼ ブログ内検索
▼ RANKING
ブログランキング
▼ FFXI青魔道士TBP
▼