忍者ブログ

[PR]

2017.10.24 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヴァナの中の懲りない面々

2007.11.11 - FF11青魔道士
少し前に記事にしたアトルガンミッション「少女の決意」ですが、今度はお手伝いで行くことになりました。
私を含むそのうち3名は前回のメンツなので経験者ってことになりますね。

クリアしたいメンツが3人いるので今回はちゃんと6名になります。
しかし、安定して勝ちに行く構成にしたいにも関わらず、メンツのジョブを考慮するとどうにもいい形が出来上がりません。
前回ギリギリで勝ったクリア済みの3人としては頭を悩ませるのでした。

悩んで・・・悩んで・・・

悩み疲れた3人の出した結論は

「前回の構成に白足せばいいんじゃね?(^ω^)」

どうみても思考回路が停止したとしか思えない結論。
青/忍はさすがに無いと言い放った青魔道士が再び青/忍で出撃と相成りました。
こんなんでいいんでしょうか lol
で、構成のほうは忍青詩白赤黒。
ただ、赤のサポは暗にして最後はクマスタンでいくことに。
少し知恵がつきました lol

私のほうも少し知恵がつきまして魔法セットにテンポラルシフトを入れておくことに。
実際コレはいい感じでちゃんとスタンしてました。

戦闘の手順とかは前回と同じなんで改めて書くこともないんですが、結果としてはすごい安定感がありまして、食事が切れる前に倒しきることが出来たほどラクチンに終わりました。
白の偉大さを垣間見た気がします。

少女の決意

2回やった感想としてはですね、
まず構成として黒が一人欲しい。
ハゲ様が物理無効を使ってくる前提なのでまずここで大活躍しますし、ボス戦での安定したスタン役と最後の追い込み役としての適正の高さが高ポイント。
そして近接前衛は2名にする。勿論盾含み。
範囲ダメージ系の魔法や技が多いので近接前衛3人とかになると回復が追いつかなくなる恐れがあります。
逆に1名だと頻繁に来るテラーの対処が面倒になったりすると予想。
ナ盾がいいらしいですが、可能なら削り役兼用が理想なのでナ+ナよりはナ+モとかそんな感じがいいでしょうね。
サブ盾は青でもできるんですからぶっちゃけ空蝉が使える前衛でそこそこ削れるなら割となんでもイイカモ。
メイン盾に忍を持ってくる場合はサブ盾とちゃんと連携が取れるようにしておかないと厳しい可能性はあります。
一人で空蝉回すのはさすがに厳しいので。
後はお約束の赤と詩って感じでしょうか。

要約すると、
盾(ナ/戦、忍/戦)
サブ盾兼物理アタッカー(サポ忍系火力前衛)
白系(メインヒーラー系ジョブ、召や赤/白・青/白も可)
赤(サポ暗黒がよさげ)
黒系(魔法ダメージ主体系ジョブでスタンが使えれば尚良し)

って構成が安定度が高そうでした。
偏った構成ならもっと色々あるんでしょうがジョブを散らすならこんな感じじゃないかなぁ。

戦い方としては、序盤から普通に削って行き後半残り2割を切ったらクマスタンをかけ黒様にはじけていただくって感じですね。
黒はそこまでは基本的に敵の技をスタンする役。
敵の技はどれもいやらしいのでスタンに集中しててもいいくらい。
赤や詩はいつも通り lol
弱体とかあまり入りが良くないので強化やヒーラー寄りになりがちですが。
白は言うまでもないでしょうな(・ω・)

新ディスクが発売されるとミッションとかもそっちの募集が増えて暫くはクリアする機会がなくなりがちなので、クリアしたいと考えている人が多い今のうちにクリアしておくことをオススメします(・ω・)
PR

Comment

TITLE:
NAME:
MAIL:
URL:
COLOR:
COMMENT:
Password:※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

TrackBackURL  :
▼ ブログ内検索
▼ RANKING
ブログランキング
▼ FFXI青魔道士TBP
▼