忍者ブログ

[PR]

2017.10.24 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

青魔で裏ザルカ

2007.01.28 - FF11青魔道士
メガマックが食べたいんですけどいつも売り切れです。
じゃいいや、なんて言って帰れない人なので他のものを注文する日々。
明らかにあの会社の戦略にハマっているなと常々思うわけです。
というかビッグマックに肉2枚余分に乗せただけの商品が数量限定とかどうなのよ?と思う反面、そんなものとわかってるのにも関わらず必死で食べたいと思っちゃう自分がうらめしい lol

まぁそんなことはいいとして本題。裏ザルカへ青魔道士で行ってまいりました。
前に氷河へ行った時の日記でも書いたようにデュナミスに関しては赤魔道士で遊ぶことに満足していたので青魔道士で行く気はなかったんですが、主催のほうからザルカのNMにヘッドバットが効くか試してみたいと打診され、それじゃやってみますかってことで今回青魔道士で出動することに相成りました。

とりあえずヘッドバット以外にもデータ取ってきたので
いつものようにデータ眺めながらあーだこーだ考えてみます。
まずは物理攻撃と各魔法のアベレージ。
裏ザルカ青魔法ave
急遽出動が決まったという言い訳の元に命中が足りてませんネ。
命中に関しては片手剣メリポMAX+素破、装備命中が+18に物理命中率特性。
これにソールスシだったんですが、次の機会があるならもっと命中ブーストして臨みたいとオモイマス。

まぁNMにディセバーメントの毒は効いていたのは確認。
あとポイズンブレスもなかなかいい感じでしたね。
コールドウェーブも悪くなかったです。

逆にA.バーストは厳しい結果に。
魔法命中にメリポを振っていればもっといい変化が見られるのかな?
ちょっとそのへん興味がありますね。
うーん、メリポ振りなおしてみようかなぁ・・・

「相関効果でボディプレスなんてどうよ?」
なーんてそそのかされて打ってみたボディプレスはありがちな結果 lol
まぁこんなモンっすよねwww


さて、ここからが今回本命の話題。
以下の表はヘッドバットを打った敵毎の命中とスタン切れログ確認回数。
スタン発動率に青魔法スキルが関与している疑いが強いということで
今回は常時AFを着用。メリポで青魔法スキル8段階振り済みの状態です。
裏ザルカヘッドバットave
断りを入れておくと、このデータはあくまでも
「スタンの効果が切れた」というログが出たかどうかの集計。
つまりスタンが被ったゆえに効果がなかったものやヘッドバットを打ってそのまま敵を倒しちゃった場合等はスタンが効いていないものとして集計されています。

なので集計ではかなり発動率が低いように見えるかもしれませんが
実際の発動率はグッと高くなります。
裏ともなると敵の技にあわせてみんながスタンを被せるなんて普通のコトですから
かなりのヘッドバットが潰れているはずなんです。
ただそれを鑑みても追加効果の発動率は明らかにキャップしていなくて
ヘッドバットからすり抜ける攻撃がいくつも確認できていました。

体感なんで参考に思ってもらう程度ですけど、大体の発動率は
雑魚で7〜8割、NMで6割くらいなんじゃないかなーという感じでした。

まぁ、そもそもデュナミスのNMには全く効かないんじゃないか?という疑問もあったので
そう思うと結構いい結果なのかもしれませんね。

この状況から考えるに青単体ではあまり効果的とまではいかないけども
複数(3人以上?)用意出来るLSならばヘッドバットでNMを擬似的にハメることは出来そう。
でも物理系青魔法なんでそのあたりちゃんと命中ブーストできる人でなければ結構な扇風機と化す可能性も無きにしもあらずなのでご注意(´ω`)
PR

Comment

TITLE:
NAME:
MAIL:
URL:
COLOR:
COMMENT:
Password:※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

TrackBackURL  :
▼ ブログ内検索
▼ RANKING
ブログランキング
▼ FFXI青魔道士TBP
▼