忍者ブログ

[PR]

2017.03.28 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

獣使いLV.75

2008.01.07 - FF11雑記
獣画像


なんだかんだやりつつなんとか獣使い75に到達!

弱いというか、稼げないイメージが定着してる獣使いでしたがアトルガン以降は特にソロでも辛いと感じることが少なくて、意外なほどスムーズに上げきることができた気がします。
まぁ73以降はちょっと辛かったのですがそれでも最近ではビジージやカンパニエなんかもあるので気を紛らわせつつ騙し騙しやってました lol

今後何かに役に立つこともあると信じて、通ってきた過程を以下にメモ。
まず前置きなんですけど、私はLV.55までの7割くらいをミラテテで育成してきた温室育ちでして、グスゲンでボム発破なんかはおいしかったのでやりましたが、基本的に獣使い初心者と大差ないスキルしか無い状況。

プレイスキルもさることながら、武器スキルも大概悲惨な状況でして、LV.55での片手斧スキルはcap178のところ122しか無いし、両手鎌もcap171のところ78しか無いという悲惨な事態。
ランページが使えるのに使えない!ふしぎ! てなモンです(´ー`)・・・

てことでまずは武器スキルを上げなければ話になりません。
そんな状況を鑑みた上でまずは狩場を選び始めました lol

■獣LV.55
■獣LV.56
■獣LV.57

狩場:監獄 ペット:スライム 敵:コウモリ サポ:白
FF11獣使いWiki様と獣の狩場様を参照。
(F-9)から(F-10)にまたがる通路でスライムを操ってコウモリを狩り。
スライムの強さは安定感バツグンで安心して見ていられますな。
サポ白でディアを入れてから共闘。 

LV.57にもなると時給は2kを切ってしまうのでマズい感じなのですが私の場合はスキル上げを兼ねていたので気にせずガシガシ。
なのでオイシイ狩場を求めるのならば他を探したほうがいい気もします。
そして57間際でようやくランページ習得(´Д`;)ヾ
調子に乗って鎌スキルも上げ出したんですが、ギロが使えないと知り途中で放棄。

■獣LV.58 (獣58参考データ)
■獣LV.59
■獣LV.60 (獣60参考データ)

狩場:ソ・ジヤ ペット:虎汁HQ 敵:ゴブペット(コウモリ) サポ:忍 ペットガンマ携帯
FFXIぺってん ***ペット狩りテンプレート***様を参照。
正直、おいしそうな狩場が見つからず、困り果てた結果手をだしたペット狩り('Д')
獣使いが獣のペットを狩るという神をも畏れぬ所業ですな。
禁忌?を侵した分、時給はウマーな4500オーバー。
慣れるまではペットフードを使っても数戦しかもたなくてここはダメかなーと思ったんですが、ある程度タゲ取りのバランスに慣れると1時間フルに虎を持続することが可能に。

釣りに関してですが、ここは魔法感知の敵がいるので魔法釣りは厳禁。
獣使いは弓が装備できるのでテキトーなものを使って釣ってもいいのですが、ペットフードを使ったり汁を使ったりするたびにTP0になるのが嫌だったので、私は氷遁釣りしてました。

60制限エリアの為、LV.61になった途端マズーにはなるんですが、LV.60でも時給は4000をマークできる良狩場なので61になるまではここで過ごしました。

■獣LV.61
■獣LV.62
■獣LV.63
■獣LV.64

狩場:カダーバの浮き沼 ペット:球根〜プニ 敵:鳥 サポ:忍 ペットガンマ携帯
FF11獣使いWiki様と獣の狩場様を参照。
ようやくアトルガンエリアに上陸ヽ(`Д´)ノ
ソ・ジヤでも十分おいしいと感じていたんですが、ここは驚きの時給6000オーバーの世界。
せっかく取ったデータが紛失しているのが口惜しいですが、アトルガンエリアは格が違うとヒシヒシと痛感。
一番おいしかったのは61でしたが、ペット対象が球根LV.61しか居ないので整地が必要で、間違って消しちゃったり死んじゃったりするとやり直し。
LV.61では共闘してても時々ギリギリの展開になるのでペットフードが必要。
LV.62になると球根の61と62が使えるので楽になります。
多少経験値が下がるとしてもその分沢山狩れるので自給的にはトントンで、楽さを考えれば62が一番ストレス無かったですね。
LV.63になるとプヨもオナツヨが出てくるので更に楽になりますが、さすがに時給は多少さがりました。
とは言っても5000/hラインだったように思うので十分でしたが lol
LV.64になると敵にオナツヨが混じるので限界を感じるように。

■獣LV.65
狩場:バフラウ段丘 ペット:クモ 敵:クモ サポ:忍とか白を気が向くまま
FF11獣使いWiki様と獣の狩場様を参照。
白門からバフラウへ出たすぐのクモ。
時給は2000程と実は全然おいしくなくて辛かったんですが、他にいいところもないので仕方なく・・・ですかね。
ナシュモ西の墓場ならもう少しは時給が望めそうだったんですが、夜にホネが沸くのが鬱陶しすぎるって言うのと、鳥さんはもうオナカイッパイになってしまっていてヤル気が出ませんでした。
加えてPTが頻繁に来すぎることも一つの理由ですね。
西口すぐならPTに絡まれない場所でやれたりもしますが、墓場はモロに被るのでツライ。
そんなこんなでアクセスの手軽さを理由にちまちまと稼いでいたんですが、クモ網でちょっと懐が潤ったのがオイシかったです。
白門にすぐ戻れるので競売との往復もラクチン lol

■獣LV.66 (獣66データ)
■獣LV.67

狩場:ワージャーム樹林 ペット:クモ 敵:プク サポ:白
FF11獣使いWiki様と獣の狩場様を参照。
(H-11)の広場でPuk狩り。
ゼファーを使われたら素早くディアガで剥がしてやるのが吉。
ただし光曜日には注意。
クモに操り耐性があるのでミスるとリンク必死。ここでは何度か逝ってしまいました lol

■獣LV.68 (獣68データ)
■獣LV.69
■獣LV.70
■獣LV.71 (獣71データ)

狩場:バフラウ段丘 ペット:プニ 敵:コリブリ サポ:忍
FF11獣使いWiki様と獣の狩場様を参照。
獣使いをやってて一番おいしかったのがココ。
これだけおいしいと競争も激しく、70以降の他ジョブサポ獣なんかも来たりするので常に誰かいる可能性が大。
そのワリに許容が1人というのが問題なのだけど、居つくことが出来ればウマすぎるので、独占したらサンクションが切れるまでは粘って駆け抜けるつもりでいた方がいいでしょうな。
事前サーチして誰かが狩ってれば諦め、サンクション切れを予想して空いてそうな時間に再びサーチをかけて空き待ちとかがお互いに吉。
ソロ同士なので遠慮はいらないとは言うものの、誰もおいしい思いができないのならば不毛ですからね。
ただし、被せられた場合は全力で死守シテマシタ。

余談ですが、狩りはじめて暫くは象がノンアクだとは知らずにずっと避けて戦ってました。
気を使って損した気分 lol

■獣LV.72
狩場:エジワ羅洞 ペット:ダニ 敵:ダニ サポ:白
FF11獣使いWiki様と獣の狩場様を参照。
バフラウがおいしかった分、その反動もなかなかのもので、どこへ行ってもマズいと感じてしまうお年頃。
何箇所か狩場を散策してはみたもののオイシイと思える狩場はなくて、結局落ち着いたのがバフラウ段丘(I-7)からエジワへ入ったダニ広場でした。
それなりの時給(4000程)とドロップのおいしさ、アクセスの近さが決め手でしょうかね。

戦闘自体はサポ忍で問題ないんですが、広場2個をグルグルと移動しながらの狩りになり、その通路にミミズが居て絡まれます。
スニが欲しいってことでサポ白推奨。

■獣LV.73
■獣LV.74

狩場:ゼオルム火山 ペット:芋 敵:魚 サポ:忍(慣れるまで白が無難)
FF11獣使いWiki様と獣の狩場様を参照。
この辺からが最後の山場。
多分ここが一番おいしいんだと思うんですが、NEXTの多さから考えればとてもじゃないけどウマーとか言ってられない感じでした。
まだ73の頃はいいとしても74になると時給3000にまで落ち込むのでずっとやってると滅入ってきます。
カンパニエでも時給換算で3000近く出たりするので、途中からはカンパニエやってました。


とまぁ、こんな感じで上げきった獣使い。
印章がずいぶん貯まったのでBCに行って一攫千金狙ってきまーす lol
PR

Comment

TITLE:
NAME:
MAIL:
URL:
COLOR:
COMMENT:
Password:※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

TrackBackURL  :
▼ ブログ内検索
▼ RANKING
ブログランキング
▼ FFXI青魔道士TBP
▼